自分の好きなものはDIYで作ることができます

インテリ家具は手作りで作成することができる

普及したLED照明

LED照明の誕生から現在に至るまで

1青色発光ダイオードが1990年代に開発されたことがきっかけとなり、LED照明の実用可能性が高まりました。従来の白熱電球よりコストパフォーマンスや耐久性の向上が期待され、次期の主力の製品として技術開発がすすみました。現在ではLED照明の低価格化の進行が現実のものとなり一般住宅向け照明器具はLEDが主力となり、日本では国内メーカー各社が従来型照明の生産を大幅縮小しています。2014年には業界の先陣を切って家電大手のメーカー白熱電球及び蛍光灯を用いる一般住宅向け従来型照明器具の生産を2015年度を以て終了しすることを発表しています。この流れは近年のエコブームにも乗りさらに加速することが予想されています。

LED照明の特徴についての説明

LED照明は購入時の比較で考えれば、従来の白熱電球より割高ともいえますが長期的なスパンで考えるとその耐久性や信頼性の面で比較すると割安になるともいえます。一旦LED照明を取り付ければ、その寿命が白熱電球より大幅に長いため、取替えの手間や初期の導入コストを計算するとコストカットにつながります。(一日に10時間使用することを前提にすると白熱電球は3ヶ月から6ヶ月の寿命があることに対して、LED照明は約3年7ヶ月ほどです)またLED 照明は真空やフィラメントを使用する必要がないため白熱電球のような熱を発することがなく、プラスしチックを利用できるためその耐久性も大幅に向上しているのもその特徴といえます。